RECENT ENTRIES

美術館で水族館!??

こんにちは!

メイク・着付け担当の新堂です!

 

毎日暑いですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか???

特に、お子さま達!!

夏休みの宿題は大詰めなハズー・・・

まだ終わっていないっっっ(;o;)
と焦りを見せてる方!

自由研究にどうでしょう~!?
というのをご紹介したいと思います☆

 

現在、京都国立博物館では
「京都水族館連携企画
京博すいぞくかん ─どんなおさかないるのかな?」
が開催されています!

 

注)

京都水族館のCMにチラッと登場する舞妓さんをご存知ですか?

舞妓変身スタジオ四季が撮影協力しています、ご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=dlqigcxEuiU&feature=youtu.be

 

KIMG0907のコピー

絵画だけではなく、着物や工芸品に描かれている魚や貝など・・・
海の生き物を見て、当時の人々の生活や日本にはいない魚、漢字の成り立ちに大きく影響した魚や空想の生き物を見てみよう!
と言うものですっ(*≧∀≦*)

 

 

 

KIMG0916のコピー

こちらの魚は鯉でしょうか・・・
口は鮒のようですね!

カワヒラと言うコイ科の魚で、主に中国に生息しているそうですが、かつては日本にもいたとか・・・!

作品名は「藻魚(そうぎょ)図」
中国でよく描かれる絵だそうです!

 

 

 

こちらは伝説の生き物!!

 

KIMG0912のコピー

龍ですね!!
こちらの作品は円山応挙の作品です!!

人は水の中では生きられないので、未知の世界に想像を膨らませていきました(*´ω`*)

この架空の生き物は、そんな中でも最も有名な生物でしょう!
本当に生きているような写実性が、更に迫力を増してきます!!!

 

 

魚の姿や生き方に、様々な願いを重ねていったものもあります!

 

KIMG0914のコピー

こちらの着物にある海老もその一つ!!

お正月のお節なんかにも入ってますよね(*^O^*)
その意味は、「長生き」・・・
腰が曲がるまで長生き出来ますように、と願いを込めました(*´∀`)

因みに、急流をさかのぼって龍になると信じられた鯉は「立身出世」のシンボルとされています!
よく、掛軸なんかで見ますよね!
急流をのさかぼっている鯉の絵を( ☆∀☆)

 

 

最後はこちら!

 

KIMG0913のコピー

鼈甲のかんざしです☆
可愛いですね~~( 〃▽〃)

鼈甲は海亀であるタイマイの甲羅からできています!

今ではとても貴重!!!!
こんなに惜しみ無く使われているものは、今となっては珍しくとても高価です(´・ω・`)

 

人は昔から、色んな生き物と共存して生活をしていたのだと、とても良くわかる展覧会となっていますので、夏休みのラスト!
是非行ってみてください☆

もちろん!
本物のお魚を見に、京都水族館へ行くのもアリだと思います~\(^o^)/

 

 

京都国立博物館
http://www.kyohaku.go.jp

「特集展示 京都水族館連携企画
京博すいぞくかん ─どんなおさかないるのかな?」
7月25日(火) ~ 2017年9月3日 (日)

 

●場所:京都国立博物館 平成知新館2F-1~5

●開館時間: 火~木・日曜日:午前9時30分から午後5時
金・土曜日:午前9時30分から午後9時

●休館日:月曜日

●入館料:一般 520円   大学生      260円    高校生以下無料

●住所:〒605-0931京都市東山区茶屋町527

●問い合わせ:075-525-2473

●アクセス:市バス京都駅前D1のりばから100号、D2のりばから206・208号系統にて博物館・三十三間
京阪電車にて七条駅下車、徒歩7分

 

 

舞妓変身スタジオ四季

夏季的浴衣之恋 ♥

大家好!

我是您的老朋友 an

夏季即将接近尾声,今年的夏天您度过的如何呢?(´▽`)

有穿上可爱的浴衣与恋人一起去看烟火吗?

一直都很憧憬每年8月8日的琵琶湖烟火节,

听说真的是很美・・・

但是,一直没有机会去,耳闻不如一见!

 

今天为您介绍光临四季的一位小女孩。

她没有选择特色的白妆舞妓,而是选择了清新自然的浴衣装扮。

自从四季樱花店搬迁到四季舞妓总店以后,穿浴衣摄影的顾客也很多。

 

因为摄影它是一种很美妙的艺术,

它能将此时的自己变为永恒!

它能将自己的美,保留到永远!

 

 

16

 

 

今天小女孩选择了外景拍摄,

四季附近八坂的塔,是最佳的拍摄场景之一!

 

 

 

18

 

 

 

19

 

 

可爱的红色调浴衣,与古朴韵味的景色交相呼应,

构成了一幅非常完美的画面!

 

 

 

17

 

 

 

 

15

 

 

 

 

相信穿上浴衣的您,也一定非常美丽・・・

那今天就与您聊到这里,我们下次再见!

 

 

舞妓変身スタジオ   四季

 

 

 

明日は五山送り火

こんにちは!

メイクの和田です!

 

もうすぐお盆も終わりますね!

京都は8月16日に大文字「五山送り火」があり

五山に炎が上がり死者の霊をあの世へ送り届けるとされています。

 

IMG_2060

 

京の夏の夜空を焦がす京都の名物行事・伝統行、

葵祭・祇園祭・時代祭とともに京都四大行事の一つとされています。

 

大文字→妙法→船→左大文字→鳥居

の順番に点灯します!

 

IMG_2061

とても風情があり幻想的でキレイですよ!

 

京都はこの大文字でお盆が終わります!

 

そこで明日は大文字!

ぷらっと京都まで足を伸ばしてみてはいかがでしょうヽ(´▽`)/

お昼に舞妓さんに変身!

夜は浴衣で大文字へ!

 

IMG_1921

 

当日予約も大丈夫ですので、お待ちしております!

 

 

是非、四季にお越し下さいませ(^O^)

 

 

舞妓変身スタジオ四季

 

全長14m!最後の審判を実寸大で!

 

こんにちわ!

カメラ担当井上です^^*

 

先日お客様から「京都ってこんなに暑いんですね!」と驚きの声を頂いたのですが・・・
そうなんです~!!京都の夏は「油照り」なんて言葉もある位に
風が少なくて、じりじり~っと蒸しあついんです~(´・ω・`;

 

本日はそんな盆地の京都でも
涼しくゆったり楽しめるスポットをご紹介します!!

 

それが、京都は北山にある・・・

「陶板名画の庭」です!!

皆さん「陶板名画」をご存知でしょうか?

 

陶器でできた板に原画に忠実に色彩・大きさを再現した絵画で、
紙やキャンパスとは違い2000年たっても色褪せることがないのが特徴です!
徳島県にある「大塚国際美術館」が陶板名画のみの美術館の先駆けとして有名ですよね~

 

そんな陶板名画が
京都でも見ることができるんです!
屋外の庭園で!!
更に拝観料は1人100円で!!

 

a_MG_2342のコピー

 

しかも建築家の安藤忠雄氏のデザイン!

意外と知られていないのが勿体無いですよね

 

 

a _MG_2354のコピー

「鳥獣戯画」

 

数年前の国立博物館での展覧会では、朝から2時間以上も並ばないとみることが出来なかった鳥獣戯画。ここでは待ち時間0秒でみられました(笑)

うさぎやカエルが賑やかに躍動していましたよ~!

 

_MG_2393a

「最後の晩餐」

 

レオナルド・ダ・ヴィンチの数少ない完成品「最後の晩餐」は最も損傷が激しい事でも有名ですが、こちらでは修復後の姿で見ることが出来ます。

縦4m20cm、横9m10cmもある事をここで知りました!

教科書だけでは分からない人物の細かい表情もみることができて面白かったですよ!

 

image1 (19)

 

「最後の審判」

 

イタリアのシスティーナ礼拝堂の中に描かれる、ミケランジェロの最高傑作!一度は教科書やテレビで見たことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

縦14m、横12mの大迫力!

 

_MG_2501のコピー

 

人が立つとこんな感じ!!上まで映りません;

躍動する人物の細かい筋肉の動きや表情をこんなに近くでみることができるなんて貴重な体験でした~(゚∀゚*)★★

 

写真には写っていませんでしたが、
絵画の周りには水が流れる演出がされており
暑い夏でも涼しい風が吹いていました!!

写真撮影も自由なので、面白いポートレートを撮りたい方にもオススメです!

夏の京都で、定番のスポットは行き飽きたな~という方
是非訪れてみてはいかがでしょうか?

 

☆.。.:*・アクセス☆.。.:*・

〒606-0823
京都市左京区下鴨半木町 (京都府立植物園北山門出口東隣)
TEL 075-724-2188
FAX 075-724-2189

最寄駅 / 京都市営地下鉄北山駅 下車 3番出口を出て東
京都市営バス北山駅前 下車 西へ徒歩5分

開園時間 9:00~17:00
※入園は16:30まで

休園日 12月28日~1月4日
※施設メンテナンス等で休園する場合もあります。

入園料 一般 100円
共通券 一般 250円 高校生 200円
(京都市植物園との共通券)

以下に該当する方は無料です
● 中学生以下の方 ・満70歳以上の方で生年月日が明記された身分証明書を呈示の方。
● 証明書が呈示できない場合は、申し訳ございませんが、入園料が必要となります。
● 身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳等を所持する方(介護者を含む)

 

舞妓変身スタジオ四季

 

Kyo no Tanabata is coming soon!

Hello, everyone!
How are you today?
I am very happy because many tourists visited to our shop everyday!
Then, I would like to introduce our customers.

_MG_0296s _MG_0303s (0)s
I think these are the best pictures!
If you want to do it, please visit to our shop.

Then, there are many events and festivals in each month.
Note these interesting events, try to go there someday!

Kyo no Tanabata
PeriodAugust 5th-11th, 2017
VenueKamogawa and Horikawa areas
Nijo Castle & Kitano Tenmangu

SdxMXZ2bgxrfXRjVEmgg0QuNmQPym9E9oYJ5zx1p

Beautiful illumination shines above in the summer night
In Japan, there is an event called “Tanabata” which is also known as Star Festival. This Tanabata Festival is called “Kyo no Tanabata” and is one of the main Tanabata Festivals held in Kyoto. On July 7th, there is a custom that people write their wishes on the strips of paper and hang them on the bamboo trees. By doing so, it is believed that your wishes will come true. Tanabata Festival is held throughout Japan from July to August and it is held in August in Kyoto to follow the old calendar. In “Kyo no Tanabata”, there are various kinds of events such as nighttime illuminations of strips of papers with bamboo leaves in several places and exhibitions relating to the legend of Tanabata during the event. The two major venues are in Kamo River area and Horikawa area where is close to Nijo-jo Castle. In these places, you will surely enjoy the visionary lights of nighttime illuminations. This picture is taken in Horikawa venue and is called “a milky way of lights” (Hikari no Amanogawa). Please enjoy all these beautiful and visionary nighttime illuminations and Tanabata legend during the event which lasts about two weeks!

PPqYcSbkCxdB32gN5H5e1BdHoiq1YrGjZEfuhvYH

Another main venue is Horikawa where you can walk slowly through the long promenade while enjoying the events such as nighttime illuminations called “a milky way of lights” (Hikari no Amanogawa) which is made of blue and silver lights. You may enjoy the illumination made in the image of the Tanabata legend. Horikawa is known as a place associated with “Kyo Yuzen” which is a traditional Kyoto style dying method. Therefore, there is an event relating to this traditional industry called “Yuzen illumination”. You will surely enjoy the beautiful waiving Yuzen clothes under the stream with light.

docGkgGU4eBASHVZ6ttvDc8tErKmHu5gB7H5937s
There is a small town called “Ponto-cho” where Maiko and Geiko serve near Kamo River and you can enjoy some beverages such as beer and soft drink and desserts while enjoying the dance offered by Maiko and Geiko. As there is a service to take a photo and chat with Maiko and Geiko for ¥2,000, we highly recommend that you visit Kaburenjo Theater!
Resource:
http://sharing-kyoto.com/event_kyo_no_tanabata

Have a nice day,
Maiko transfoamtion studio SHIKI

1 / 25112345...102030...最後 »
ページ先頭へ戻る